高品質リサイクルトナーで経費削減~得する複合機導入法

メリットとデメリット

プリンター

複合機をオフィスに導入したいという場合はリース業者に相談してみるとスムーズに導入することが出来るだろう。複合機を始めOA機器のほとんどはリースという形で揃えることが出来る。リース業者を利用する一番のメリットは何と言っても初期費用が不要ということだろう。導入に対して一括で支払う事はないため、どんなに多くのOA機器をリースしたとしても一気に出て行く金額を抑えることが可能になる。購入して資産にすることが出来ないというデメリットはあるものの、新規で事業を始めようと考えている方にとっては初期費用が抑えられるだけでありがたいと言える。複合機のリースを行なっている業者自体も多く存在するが、実はメリットばかりではないのが複合機のリースである。
初期費用を抑えられるという点と毎月決まった金額の支払いで対応できるというのはリースの一番の特徴であり魅力であるが、同時に途中解約が出来ないという場合や、審査を受ける必要があるというデメリットもある。また前述したように資産にならないため当然ながら所有権も得られないため、利用に関しては常に気を使う必要もある。まず途中解約が出来ないという点に関しては十分に考える必要があり、複合機を選ぶ際は長期的に使用を見据えた上で選ぶ必要がある。使ってみてスペック不足というような状況を作らないようにしなければならないだろうし、出来る限り最新式のモデルを選んでおくことも大切になってくるだろう。審査についてはリースを行う上で当然必要になることだが、事業として信頼がなければ審査に通らない事もある。勿論通らなければ複合機を利用することは出来ないだろうし、契約もすることも出来ない。ただ信頼の有無に自信がないという場合は事前に与信審査を受けることで社会的な信頼力の有無を知ることが出来る。事前に与信審査さえ受けていればいざリースを使用とした時に断られる状況を回避することが出来るだろう。複合機をリースで揃えるというのはもはや一般的な方法であり、殆どの会社でリースを使用している。ただリース故に気をつけなければいけない事もあることをしっかり知っておくことは大切になってくるだろう。