高品質リサイクルトナーで経費削減~得する複合機導入法

品質の善し悪し

プリンター

レーザープリンターのトナーを安く仕入れたいという場合はリサイクルトナーを購入することになるだろう。リサイクルトナーはその名の通りリサイクルされたトナーであり、価格が純正品よりも安いという特徴を持っている。リサイクルトナーを購入できる場所は意外と多く、通販サイトを覗くと様々な種類のリサイクルトナーを見ることが出来るだろう。安くてそれなりに使えるからこそマイナーだったリサイクルトナーがここまで一般的に広またわけであるが、純正品を購入する時にはないリスクもある。実はトナーの製造方法というのは各メーカーが独自に開発したもので、勿論公に公開されているわけではない。製品として販売されるまでには各メーカーの技術が詰まった様々な工程を経ているわけで、リサイクルトナーは言わばそれを模倣しているという事になる。また中身のインクに関しても各メーカーで若干配合量などが異なり、純正品と全く同じにすることは出来ない。つまりリサイクルトナーはあくまでリサイクルされたものであり、純正品と同等品ではあるが同じものではないということに了承する必要がある。勿論メーカーによる品質チェックをされているわけでもなく、リサイクルトナーを使用してプリンターが故障したとしても保証対象外扱いになってしまう。
リサイクルトナーは純正品を製造しているメーカーと対立していた過去があり、実はリサイクルトナーの使用が芳しくないという時代もあった。しかしリサイクルという観点から見ても実際に空きトナーの廃棄量が減った事もあって最近ではメーカーも協力する体制にある。製造に関する技術も品質も高くなり、今では遠目では全く分からないようなトナーの仕上がりになっている。ただし低品質でもまだまだ需要のある状況は変わらず、低品質リサイクルトナーを販売している通販サイトも意外と多い。当然低品質のトナーを使用するとインクが滲んだり正常な色が出なかったり、またプリンターがエラーを返してしまう事も多くなる。低品質のリサイクルトナーを目的として購入するのであれば問題ないだろうが、純粋に安くトナーを購入したいというのであれば、品質の高いリサイクルトナーを販売している通販サイトを利用することが大切になってくるだろう。